ジュニア エキスパート ルール

第1条 試合概要 

試合はパンチ、キック等の打撃技、投げ技、関節技、絞め技によるノックアウト及びギブアップにて勝敗を決する総合格闘技ルールとする。

 

第2条 部門・階級

1 大会前日又は当日に体重計量を実施する。計量の結果、階級より体重がオーバーした場合は減点・失格となる。大会時までの体重増加を考慮して申込を行うこと。脱衣しての計量を認める。2 階級は以下の通り。尚、アンダー(under、以下“U”で表記)とは年齢別階級制のこと。例)U12の場合大会時12歳未満の選手の階級

U10(男女混合)-22㎏以下級、26㎏以下級、30㎏以下級、34㎏以下級、34㎏超級

U12(男女混合)-26㎏以下級、30㎏以下級、34㎏以下級、38㎏以下級、42㎏以下級、42㎏超級

U14(男子)- 50㎏以下級、55㎏以下級、60㎏以下級、60㎏超級

U14(女子)-45㎏以下級、50㎏以下級、55㎏以下級、55㎏超級

U16(男子)- 50㎏以下級、55㎏以下級、60㎏以下級、66㎏以下級、73㎏以下級、81㎏以下級、81㎏超級

U16(女子)- 48㎏以下級、52㎏以下級、57㎏以下級、63㎏以下級、63㎏超級

 

第3条 試合時間 

1 試合時間は3分間とする。延長戦は行わず本戦決着とする。 2 グラウンド時間は502回までとし時間経過後及び2回終了後は開始線に戻りスタンドから再開する。3 主審の「時間ストップ」のコール又はジェスチャー以外は時計を止めない。4 主審の「グラウンド」コール後グラウンドの時間とする。グラウンド時間内に選手がスタンド状態となった場合には主審が「スタンド」とコールし続行する。主審の「グラウンド」コールから5秒以内に両選手が立ち上がった場合にはグラウンドの回数に含まない。

 

第4条 服装 

1 試合は実行委員会の認めた清潔な空手衣、柔道衣、柔術衣を着用する。2 男子は空手衣の下(上半身のみ)には何も着用してはならない。3 袖を切断・変形等改造を施した道衣、試合において破れるなど原型を維持していない道衣の使用を禁止する。

 

第5条 防具 

1 試合は実行委員会が認定したスーパーセーフ面・ニューヘッドギア空・Kプロテクター(MW製)のいずれか、拳サポーター、ファウルカップ(男子のみ)、脛サポーターの防具を着用する。膝サポーター、マウスピースは任意で着用してもよい。また認定品と形状・機能が類似している物で実行委員会が認可すれば使用できる。2 変形・改造・損傷している防具の使用を禁止する。

 

第6条 皮膚等への塗布 

1 身体のあらゆる部位への油脂、化粧品類、整髪料の塗布を禁止する。

 

第7条 バンテージ・テーピング・関節部のサポーター

1 バンテージの使用は認めない。2 テーピング・関節部の怪我防止・保護を目的としたサポーターは試合場責任者及び指名された者の許可を得て使用を認める。

 

第8条 審判 

1 試合場における審判団は主審1名、副審2名、監査1名とする。 2 主審は選手の安全確保を最重要視したレフリングの義務を負い試合に対して進行決着させる権限を有する。 3 副審は選手の安全確保を重要視しつつ主審の公正明大なレフリングの補助を行なう。4 監査は審判講習を受講し審判技術に習熟した者を配置し、安全性・公正性を第一義とした試合全般の進行を監査する。また主審、副審の判定・進行等に不備が生じたと思われる場合は試合を中断し撮影動画の映像を審判団で確認するとともに審議・判定の助言を行なう。5 試合終了の判定時は、監査と副審の旗数により勝敗を決する。過半数の旗があがった方の判定勝ちとなる。6 試合間の旗使用(一本、技有り、反則、場外反則、場外、未確認等)は副審が行ない、監査は試合終了の判定時以外は旗を置き、安全性と公正性に基づいた試合進行の補佐役に従事する。

 

第9条 勝敗の判定 

1 「一本勝ち」はダウン(KO)、3秒以上の戦意喪失、絞技・関節技によるタップアウト、技有2つによる合わせ一本、危険防止による主審判断のテクニカルノックアウト(TKO)。相手選手が反則を4回もしくは悪質な反則により失格した場合、相手選手が場外反則を7回した場合とする。 2 「技有り」は3秒未満の戦意喪失、相手選手が反則を3回または悪質な反則により主審が判断した場合、相手選手が場外反則を5回した場合とする。 3 「場外反則による優勢勝ち」は相手選手が場外反則を3回行なった場合、技有りに次ぐポイントとなり技有り以上の差が無い場合にはどんなに試合を有利に進めていても場外反則を3回している選手の負けとなる。 4 「判定勝ち」は試合終了時に「一本」「技有り」「場外反則による優勢勝ち」が無い場合、副審2名と監査1名の計3名による旗判定により勝敗を決する。判定の基準は攻撃による試合全体の主導権(=リングゼネラルシップ)を掌握した選手を「判定勝ち」とする。

 

第10条 試合において認められる攻撃 

 「スタンド」の定義は体の足の裏以外がマット()に触れていない状態をいう。「スタンド」状態での有効な攻撃はパンチ(拳頭部分の打撃及び鉄槌・裏拳含む)・蹴り・膝蹴り・頭部以外への肘打ちと頭突き、投げ技、倒し技、絞技、関節技とする。 2 「グラウンド」の定義は双方または片方の選手が足の裏以外の部分を継続的にマット()に触れている状態をいう。「グラウンド」での有効な攻撃は腕ひしぎ逆十字固め・手で極める腕ひしぎ膝固め・腕絡み(キムラロック・V1アームロック・ストレートアームバー)・バックポジションからの裸絞め・襟を使っての絞め技・三角絞め(首を引き付けて絞めを強化する行為は禁止)のみとする。 「スタンド」から「グラウンド」への移行時において主審の「グラウンド」または「スタンド」のコールが間に合わなかった場合(素早いタックル等によりグラウンドになり「グラウンド」のコールする前に、グラウンドでは反則となる攻撃をした場合等)は自発的にルールを順守しなければならない。

 

第11条 場外 

1 場外の定義と進行 試合は赤と青で構成されたジョイントマット上で行う。青マットと赤マットを境に青マットを場内、赤マットを場外とし、場外に体の半分以上が出た場合には試合をストップし両選手を開始線に戻し「場外反則」のコールの後に再開する。但しライン際でグラウンドになった場合及びグラウンドの攻防でラインの外に出た場合は試合進行の妨げにならない場所まで続行する。主審が試合進行の妨げになると判断した場所は「動くな」もしくは「ドントムーブ」とのコールで選手の動きをストップし、審判団全員で状態を確認後、試合場内中央に移動しストップした状態を再現したのち「続行」のコールにより試合を再開する。 2 場外反則とは打撃を嫌がって故意に場外にエスケープした場合及び連打により場外に押し出された場合、組み技を嫌がって故意に場外に出た場合、グラウンド状態で故意に試合場マットの場外及び進行不可能な場所までエスケープした場合を指し主審が「場外反則」とコールする。試合時間内に、「一本勝ち」「技有り」がない場合には、場外反則を3回以上行なった選手の負けとなる。5回で相手に技有り、7回で相手の一本勝ちとなる。

 

第12条 反則攻撃及び反則行為          故意・過失にかかわらず反則となる。また相手のダメージ、偶発的なものかを審判が判断し口頭注意のみの場合もある。 1 反則攻撃 顔面への頭突き・肘打ち・開手による攻撃(掌底・張り手)・指による打撃(サミング・抜き手)・グラウンド状態での打撃、第11条にて規定されたグラウンド状態において認められた関節技、絞め技以外の関節技・絞め技及び頸部に圧力をかける行為、金的攻撃、噛み付き、脳天・後頭部・頸部・延髄・脊柱・脊髄への打撃攻撃、脳天、後頭部から地面に落とす行為(背中から落とす行為は可)、3本以下の指を決める行為、頭髪・喉・粘膜部分(目・鼻・耳・口・肛門等)への掴みや攻撃、帯で首を絞める行為、ダウンしている者への攻撃 2 反則行為 マスク・サポーター・ファウルカップなどの防具を掴む行為、審判の指示に従わない行為、審判への批判、判定に対しての直接抗議、応援者のヤジ等の非道徳的な行為、その他大会運営に支障をきたす行為 ※反則行為があった場合には、主審が1度目で「反則1」というようにコールし、3回で減点(相手に技有り)、4回で失格(相手に一本)となる。又、通念上悪質な反則があった場合には1度目の反則であっても主審の判断により減点や失格にすることができる。※武道として模範となるような礼儀ある試合を心がけること。

 

 

第13条 セコンド及び会場内関係者の妨害行為 選手・審判以外の者(観客・応援者)が試合の進行に対して支障をきたす行為(野次・怒声)または試合進行への妨害行為を行った場合、審判団の裁量で観客・応援者に下記のようにペナルティーを与える場合がある。1、注意(1回目)→2、警告(2回目)→3、退場(3回目)武道・教育倫理に則した応援・行動を心がけること。